歴史と借りる手順

「キャッシング」という言葉は、英語のように思われますが、現金の意のキャッシュにingを付け足した、日本の造語で、お金を借りるという英語は「borrowing」です。

キャッシングなどと言っても、海外では通じません。
同じお金を借りるという意味の「ローン」を大口融資の際に使用するのに対して、少額の個人融資の際に使用するものとして1980年代後半に「キャッシング」という言葉が誕生しました。
それから約30年、今やキャッシングの広告は巷にあふれ、消費者金融はもちろんのこと、銀行やネット銀行などからもキャッシングができます。

では、実際にお金を借りるにはどんな手順を踏めばいいのか、その流れを見ていきます。
お金を借りるには、まず、自分が借りられる状況にあるか、それが一番の問題です。
相手も商売ですから、返済ができない人には、もちろん融資することはありません。
金融機関にとって、貸し倒れを回避することが最優先課題だからです。
職のない人やあちこちから借りている多重債務者、そして、税金や公共料金、携帯電話料金、家賃などを滞納している人は金融機関の行う事前審査に通らないので、借りられません。
ですが、無職の主婦でも配偶者に一定の収入があれば借りられますし、パートやアルバイトも大丈夫です。

融資の際の審査では、保険証や運転免許証、パスポートなど本人確認のできるものの提出を求められます。
また、給料明細などの所得の確認をするところもあります。
金融機関によって審査の方法や基準にも違いがありますから、よく調べて自分に最適のところを選ぶことが大切です。


▽注目サイト▽
30日間という短期間なら無利息でお金を借りれるキャッシングサービスです・・・無利息キャッシング

Copyright © 2014 上手にキャッシング利用 All Rights Reserved.